第7回多糖の未来フォーラム



「多糖の資源活用と機能探求に向けて」

 開催趣旨

 主催・共催・協賛

 プログラム

 会場のご案内

 申込方法

 連絡先

関連サイト
>> 大阪府立大学
>> 大阪府立大学I-siteなんば
>> 日本応用糖質科学会

日時: 2013年11月1日(金) 13:00-17:30 (懇親会18:00-20:00)

会場: 大阪府立大学 I-siteなんば2階カンファレンスルーム
http://www.osakafu-u.ac.jp/isitenanba/map/index.html

プログラム

13:00〜13:10 開会挨拶と趣旨説明

13:10〜17:30 講演

寺尾 憲(大阪大学大学院 理学研究科 講師)
「直鎖および環状アミロース誘導体の溶液性状−分子の’かたさ’の制御から液晶構造まで」


五十嵐圭日子(東京大学大学院 農学生命科学研究科 准教授)
「微生物におけるセルロースとキチンの酵素分解戦略:結晶性構造多糖を利用するためのヒント 」


山本朗子(株式会社林原 研究開発本部 課長)
「酵素を利用した古糊様多糖の開発−10年の熟成工程を2週間に短縮−」


入江徹美(熊本大学大学院 生命科学研究部(薬学系) 教授)
「環状オリゴ糖を用いた細胞内コレステロール転送システム破綻の修復〜ニーマン・ピック病C型治療への臨床応用〜」


佐藤智典(慶應義塾大学 理工学部 教授)
「ドラッグデリバリーシステムとしてのイオン性多糖ナノ粒子」


柴田 徹(株式会社ダイセル ライフサイエンス開発センター 主席研究員)
「セルロース 化学産業を育て、次なる期待を背負う」


18:00〜20:00 懇親会 会場:チェルシーなんばパークス店(なんばパークス8階)

参加費 無料
懇親会費 一般6,000円、学生3,000円
申込方法 参加希望者は事前に参加申込をして下さい。当日参加も受付ます。
お申し込みはこちら
Since 2013/06/01
Last Update 2013/06/01
Copyright (C) 2013 Osaka Prefecture University All Rights Reserved.